3 月

2007.3.1〜6
▲DF200−106+ヨ+DD51 833(後追い)   〔甲259〕   9866レ
北方貨物線   2007.2.23
川崎重工業を出場し、2日かけて東室蘭(操)まで回送されるDF200形。

2007.3.7〜11
▲北総鉄道(当時は北総開発鉄道)7000形  7002編成  京浜急行本線  1994.3
1979年(昭和54年)に登場した北総開発鉄道(2004年7月1日に「北総鉄道」に社名変更)の
7000形(通称「ゲンコツ」)。全3編成ありましたが、車体の老朽化に伴いこの7002編成と
7006編成が2006年3月に7500形に置き換えられ、残る7004編成も3月14日の
営業運転を最後に引退し、同25日のさよなら運転をもって遂に形式消滅となるようです。


2007.3.12〜14
▲営団5000形&中央線201系   中央本線   1994.10
今や最後の1編成(第59編成)となった営団5000形も、遂に今月中には引退するそうです。
片や中央線の201系もE233系への置き換えが進み、こちらも姿を消す日が近づいて来ました。
当時、頻繁に見られたこのシーンも、もうすぐ見納めとなります・・・。

2007.3.15〜17
▲113系   東海道本線   2005.1
東海道の象徴だった湘南色の113系。丁度1年前の3月18日のダイヤ改正で東京口から姿を
消したのに続き、今月18日のダイヤ改正では東海道本線最後の砦だった静岡地区からも遂に
姿を消すこととなりました・・・。


2007.3.18〜20
▲特急「東海」号   373系   32M   東海道本線   2002.8
1955年(昭和30年)7月に名古屋〜東京間の準急として登場した「東海」号。
その後、1966年(昭和41年)3月に急行に、1972年(昭和47年)3月に各全号とも運転区間
が静岡〜東京間に短縮、1996年3月に特急に格上げ・・・という約半世紀に亘る長い歴史を
刻んできたものの、3月18日のダイヤ改正で廃止となり、その愛称名も消滅してしまいました。

2007.3.21〜23
▲415系   常磐線   1998.1
1985年3月のダイヤ改正までは急行「ときわ」号としても活躍していた415系。
こちらも3月18日のダイヤ改正で上野口から姿を消してしまいました。
(この当時、「常磐線開通100周年記念」のステッカーが前面に貼られていました)

2007.3.24〜26
▲DD51 820   高山線 坂祝駅構内   1994.10
こちらも3月18日のダイヤ改正に伴い、16日(金)をもってセメント輸送が廃止となりました。
最終日の牽引機は847号機で、「サヨナラ」のHMが掲出されていたそうです。

2007.3.27〜4.5
▲上:クモハ105 503(駅に進入する下り)  ▼下:クモハ105 5(発車した上り)
和歌山線 北宇智駅   2007.3

関西唯一のスイッチバック駅だった和歌山線北宇智駅。こちらも3月18日のダイヤ改正で
スイッチバックが廃止され、駅舎を含め全ての光景が過去帳入りしてしまいました。

←2月へ     TOPへ戻る     4月へ→

inserted by FC2 system